メルカリIPO相場で財を成す サラリーマン投資家のブログ

超安定志向&損切りが苦手なサラリーマン投資家が、メルカリIPO相場に乗って財産を築くまでのブログ。

メルカリが上場(IPO)するのでは!?という仮定の元、ユナイテッドとD.A.コンソーシアムHDへの投資で財を成す!独自の予想と嗅覚で資産を築き、経済的『自由』を手に入れることを目指します。

メルカリIPO発表の翌日から、「材料出尽くし」とみなされ、大きく売り込まれたユナイテッド

いくらなんでもメルカリ株の売却益と資産が増えるのに、こんなに売られるなんて…と身動きの取れなかったnosuke6534。

高値で売って安値で買えていれば…と後悔があるものの、サラリーマン投資家にはガチャガチャと売り買いをするタイミングは無く、ユナイテッドとは長い付き合いになっています

さて、今日のユナイテッドはメルカリの想定仮条件の引き上げがあり、7%を超える上昇がありました。

DACHDもDACHD来高値をジリジリと更新し、一時2,800の大台をつける展開に。

メルカリが上場予定の6月19日までに、どんなドラマが生まれるのか。

果たして大相場は現実となるのか。
今後の出来高にも注目しています

《持ち株推移》
ユナイテッド 3,700株
DACHD 5,830株

今週も頑張ります

メルカリのIPOが正式発表され、遂にこの時が‼︎と興奮を覚えたnosuke6534。
ところが、発表翌日のユナイテッドは「材料出尽くし」と大幅な下落。
4月に高値5,230まで駆け上った株価は3,405まで暴落

失望の理由は海外事業の不振による利益の大幅赤字か。売り上げは右肩上がりで成長しているので今後どのように評価されるかが見どころ

メルカリのIPOは6月19日。
含み損に転落したユナイテッドの株がどんな値動きになるか期待

まずは御礼から。
ついにこの日が訪れました。メルカリがマザーズに新規上場

昨年からメルカリIPOに資産を投入し、ブログで報告させていただいておりました。 
メルカリがこの日を迎えるまでの道のりは紆余曲折の連続で、関連銘柄として集中投資していたユナイテッドは何度もストップ安に見舞われるなど、 心中穏やかでない日々が多くありました。

しかし、「時間」を味方に継続保有を続けた結果、遂にメルカリの新規上場が決定しました。

ただただ資産の推移をお伝えしてきたこのブログに訪問いただいたこと、心より御礼申し上げます
そして本番はここから
関連銘柄として保有を続けてきたユナイテッドとDACHDとの付き合い方も考えていかなければなりません。

5月15日の値動きに注目しています。
大きな誤算といえば、"facebook 事件”から急落していたDACHDが好決算発表をうけて急進
DACHD来高値更新に加え、メルカリの新規上場で「営業投資有価証券売却による売上及び利益計上に関するお知らせ」のIRを発表。
ユナイテッドとDACHDは5月の主役銘柄にもなりうるインパクトを感じます。

さて、信用MAX買いで保有してきた両銘柄のご報告↓
ユナイテッド3,700株
DACHD 6,320株

まだまだ売りませんが、うまく利益を確定できれば、上場後のメルカリに資金を集中させる予定です。
5月6月はこの両銘柄から目が離せそうにありません

 

↑このページのトップヘ