メルカリIPO相場で財を成す サラリーマン投資家のブログ

超安定志向&損切りが苦手なサラリーマン投資家が、メルカリIPO相場に乗って財産を築くまでのブログ。

メルカリが上場(IPO)するのでは!?という仮定の元、ユナイテッドとD.A.コンソーシアムHDへの投資で財を成す!独自の予想と嗅覚で資産を築き、経済的『自由』を手に入れることを目指します。

本日は貸株について。今年は一年を通してユナイテッドのSBI証券貸株金利は2%程度。

金利2%で、配当金のように権利確定日も無いので、貸株でコツコツ入金されるのは魅力的に感じています  


ユナイテッド貸株で今年頂いた金利は800株分金利2%で

8,628円になりました。
10月から持株を増やし現在保有が1900株になったので、今後の入金額には期待しています。


ちなみにDACHDのSBI証券貸株金利は0.1%なので、株数は多くても戦力外です


さて、明日は月曜日
楽しい週末は終わってしまいます が、今週のユナイテッド&DACHDには期待です。

日曜日もありがとうございました。

10月からメルカリ期待で上げてきたユナイテッド。

もし、メルカリが上場しないとなれば、それ相応の下落を覚悟しています


このタイミングで小泉社長の2カ月の産休を取得されるのだとか…
考えたくはありませんが、年内にメルカリか上場しなかった場合のユナイテッド&DACHD株への対応。


ユナイテッドは11月末までは我慢のホールド。
ただ、月末にかけて上場期待が剥落し、下落していきそうなので、徐々に現金化も考えます。いざ下がり始めると、これだけ思い入れのあるユナイテッドですし、売れなくなるか心配ですが
上場無しに11月末を迎える時は2500割れを覚悟しています。



DACHDは11月の決算次第ながら、1700まではホールド。1700を割れたら徐々に整理します。

でも、DACHDはメルカリ期待で大きく上昇してきた銘柄では無いと思っているので、しばらく付き合います

11月末までにメルカリがIPO以外で資金調達するとなれば、ユナイテッドは一旦全て処分。DACHDも持ち株は減らします


その他リスクがあるとすれば、10月22日の衆議院選挙後に相場が変わった場合。程度によりますが、年末までは日経平均20,000以上でいけると読んでいるので、しっかりホールドします。


地政学的リスク等々、未知の悪材料が出た場合は臨機応変に!


こんなスタンスで臨みたいと思います。10月末のIPO BBのための余力分は確保します。


でも、やっぱりメルカリ年内上場を信じています。願わくば日米同時IPO

これはサラリーマン投資家がメルカリ上場で財を成そうという「夢物語」です。

土曜日も訪問頂きありがとうございました。 

日経平均21,100超え

今後の理想は日経2万以上を継続→新興市場に資金流入→市場がテーマ探しを始めた頃→メルカリ上場 

こんなにうまいタイミングでメルカリ上場があれば、ユナイテッド&DACHD共に市場の主役になってしまうかも(期待 )。


メルカリのメディア露出は日々高まっており、個人情報問題やアプリ悪用に関しての批判の声が多く聞かれる。
LINEの時も上場に関する報道が出る度に大いに叩かれた。なんとなく、同じ匂いがぷんぷんします



《本日のメルカリ関連銘柄の値動き》

さて、ユナイテッドは某有名⁈投資家の空売り宣言が出たり。良くも悪くも注目度が高まる1週間。

肝心の株価は、下値3100終値3200とキリの良いところで引けました。
線足でみると、7月に上髭をつけた週の高値を捉えた


次は2013年9月のココッパ相場を演じた月の3500辺りの価格帯を狙う展開か。


一方、昨日だだ下がりのDACHD。反発は期待したほどでもなく、終値1795 決算期待で上がってきた部分は大きいので、決算までしばし調整でしょうか。

《今週の持ち株》ユナイテッド1900株 DACHD7930株

メルカリ上場までその時を待ちます
1週間お疲れ様でした。 

↑このページのトップヘ