先週は米国金利上昇により暴落、日本株も今年の上げを打ち消す程の大暴落…

上昇のけん引役であった米国株価の下落により、業績顕著であるにも関わらず、さすがに「終わった…」かと思いました。

現在主力のフィルカンパニーも含み益をほとんど吹き飛ばす下落を経験しました

含み損になる前に現金化…がちらついた頃、東証1部昇格を目指した立会外分売のIR、さらには週末金曜日にSBI関連のIRと好ニュース連発で株価全戻し水準。


その他新興銘柄のダメージは決して小さくなく、準主力のユナイテッドは下値2910まで下落…
昨年のプチメルカリ相場が始まってから、3000を下回る好機が訪れるとは想像できませんでした

結局全力買いしているnosuke6534は身動きが取れず、ノートレード。
肝を冷やしながらも、一週間終わってみれば、全体のポートフォリオでみれば、含み益変化率ゼロといった水準。
フィルカンパニーに救われました。

メルカリIPOが想定より遅くなったことから「財を成す」ことが見送られていますが、その日がくると信じてトレード?ホールド⁇しようと思います。

『主力持ち株』
フィルカンパニー 3,400株
ユナイテッド 3,700株
DACHD 1,500株