大納会から日経平均大幅上昇
ジャスダックやマザーズも上昇に衰えがみえません。

そんな中、東証2部に上場しており、2017年はポートフォリオの半数を占めることもあったDACHDを全て利確
市場が好調である中で、「好業績」「証券会社のレーティング情報」「メルカリ関連」「一部市場変更銘柄」としても認識されつつあるようです。

DACHDとはアイレップやDACからの長い付き合いですが、2017年の年初から株価が倍以上に上昇してきており、資産増に大きく貢献してくれました。

昨年12月から今日までの間、信用株を含めて12,700株を売却。
(端数の30株だけは口座に残っています) 


現金化した資産は、メルカリIPO時にメルカリ株を買うため。
買い場があればユナイテッドとフィルカンパニーを買い増したいと思っています。

DACHDが2018年2月2日の第三四半期決算発表前に下落する局面があれば買い戻し。
このままするすると上昇していくようであれば、指を咥えて見上げているだけです

これまでの投資家人生の中で、上昇の途中で売却してしまい後悔した銘柄は「そーせい」「任天堂」「昭和電工」等数えればきりがない程ありますが、果たして今回のDACHDとの付き合いはどうなることやら


さあ、2018年こそはメルカリ砲で財を成したい
本年もどうぞよろしくお願い致します。