相変わらず揺れ動く米国市場と、最も"ショック“に弱い日本市場。
今回は米国株を牽引してきたFANNGが大幅に下落していることは、株式に対する調整か下落の始まりかを見極める必要があるところ。

しかし、相場の転換の見極めるなど到底難しく、nosuke6534は下値で買いメルカリIPOに備えるのみ。

2月には3,000割れまで下落したユナイテッドは6月のメルカリIPOを意識してか、はたまたジャンプチリリース後の好調なダウンロードを受けてか、いすれにしても年初来高値更新

一方でFacebookの下落をきっかけにDACHDは大きく調整中。広告業界に対する向かい風であることに変わりはないものの、直近の好業績とメルカリIPOに疑いのないnosuke6534は絶好の機会と買い増し

この買い増しが財を成す選択となるか。
はたまたサラリーマン業で必死に稼いだお給料で貯めてきた資産を溶かすことに繋がってしまうのか。


じっとその時を待ってきたnosuke6534。
明日は4月。春はもうすぐそこへ

『勝負のポートフォリオ』
フィルカンパニー 3,600株
ユナイテッド 3,700株
DACHD 5,230株