まずは御礼から。
ついにこの日が訪れました。メルカリがマザーズに新規上場

昨年からメルカリIPOに資産を投入し、ブログで報告させていただいておりました。 
メルカリがこの日を迎えるまでの道のりは紆余曲折の連続で、関連銘柄として集中投資していたユナイテッドは何度もストップ安に見舞われるなど、 心中穏やかでない日々が多くありました。

しかし、「時間」を味方に継続保有を続けた結果、遂にメルカリの新規上場が決定しました。

ただただ資産の推移をお伝えしてきたこのブログに訪問いただいたこと、心より御礼申し上げます
そして本番はここから
関連銘柄として保有を続けてきたユナイテッドとDACHDとの付き合い方も考えていかなければなりません。

5月15日の値動きに注目しています。
大きな誤算といえば、"facebook 事件”から急落していたDACHDが好決算発表をうけて急進
DACHD来高値更新に加え、メルカリの新規上場で「営業投資有価証券売却による売上及び利益計上に関するお知らせ」のIRを発表。
ユナイテッドとDACHDは5月の主役銘柄にもなりうるインパクトを感じます。

さて、信用MAX買いで保有してきた両銘柄のご報告↓
ユナイテッド3,700株
DACHD 6,320株

まだまだ売りませんが、うまく利益を確定できれば、上場後のメルカリに資金を集中させる予定です。
5月6月はこの両銘柄から目が離せそうにありません