メルカリIPO相場で財を成す サラリーマン投資家のブログ

超安定志向&損切りが苦手なサラリーマン投資家が、メルカリIPO相場に乗って財産を築くまでのブログ。

メルカリが上場(IPO)するのでは!?という仮定の元、ユナイテッドとD.A.コンソーシアムHDへの投資で財を成す!独自の予想と嗅覚で資産を築き、経済的『自由』を手に入れることを目指します。

カテゴリ: 株との向き合い方

サラリーマン家庭に生まれ育ち、学校卒業後サラリーマンになったnosuke6534は、決して金融リテラシーの高い人間ではありませんでした。


株式投資を始めるまでは、毎月のお給料から所得税や住民税など、決められた金額が天引きされ「税率」「控除」「還付」という言葉すらほとんど興味がないという状況。
唯一、毎年会社から送られてくる年末調整で保険料を入力・・・その程度しか「税金」を関わる機会がありませんでした。


日本人は「お金の話は汚くて嫌なもの」というイメージを持った人が多いのではないでしょうか。

その結果、「消費税が上がった!」「増税で手取りが減った!」「年金が減額された!」という不満の声はあっても、その税金の仕組みを知り、いかに自分の資産を防衛するかを学ぶ機会がない環境を作り上げているものと思います。



サラリーマンにとっては、税金や年金はお給料から天引きされて全て会社任せ。
バブル崩壊後の社会を生きてきた団塊の世代が退職を迎え、「お金」の話を家族や友人と共有する機会が無いまま「あなたの資産を守ります。ご自身のためだけでなく家族のために」という銀行員や証券マンの言葉の通りに退職金で投資信託を購入。
利益がでればそれでよし。大きな損失を被れば「投資は危険」という言葉だけが出回り、「退職金を投資で溶かした悲劇のヒロイン」としてメディアで露出することが多いのではないでしょうか。


そもそも「株式投資に手を出して、資産を失った惨めな人の人生」の方が、「株式投資で財を成した人」よりもテレビや週刊誌で取り上げられる方が多いのでは?
「”他人の不幸”から自分の幸福を感じる」方が、「投資で財産を成した人を羨む」よりも見たい聞きたいと視聴率が高いことが原因なのでしょうか。



確かに株式投資には安易に手を出すとリスクが多い金融商品です。
それでも自身の金融リテラシー向上のために、サラリーマンこそ株式投資をするべきと考えます。



サラリーマンnosuke6534が株式投資を始めて学んだこと


① 会社で働くことの意味を考えるようになった

何の業種の何の会社に投資をするかを考え調べる中で、今どんな業界の業績が良く、将来性があるかを知ることができた。
会社で働く意味は「いくらお給料がもらえるか」(自分の成長に繋がればな〜という理想もありますが)程度にしか考えていませんでしたが、会社の売り上げがいくらで、利益がいくらで、その中からどれ位のお給料をもらえているかを考えるようになりました。
↓↓
業績が悪い年に昇級率が悪くても不満に思うことが少なくなりました

「様々な会社を知る中で自身が勤める会社を客観的にみることができるようになった」というのは大きな財産になりました



② 経済を通して世界を見るきっかけになった

現在の経済 / 株式市場は日本単一のものではありません。アメリカ市場・中国市場・ユーロ市場と大きな連動性を持っています。
これまでは大して興味のなかった海外の会社を調べてみたり、日本企業の海外売り上げから、どんな会社や製品が海外で求められているのかを知るきっかけになりました。

ニュースが面白くなりました


③ 政治に関心を持った

誰が首相になり、どの党が与党になっても政治は変わらない・・・と思っていましたが、アベノミクス後の株式市場を傍観し、「政治って自分の生活に無茶苦茶大事なことだ!!」と実感しました。

もちろん選挙には必ず投票に行きます



④ 税金について勉強しようと思った

税金を徴収する立場からすれば、徴収される立場の人間の金融リテラシーが低い方がより多くの税金を徴収できるに決まっています。徴収される側の立場として、お給料から天引きされる税金の税率を調べてみたり、株式投資をする上で利用できる「iDeCo」や「NISA」「損益通算」の仕組みを学びました。

iDeCoは最大限活用しています



⑤ 経営者の気持ちを考えるようになった

nosuke6534には「サラリーマンとして出世して、経営者/管理職になろう!」という目標はないので、勤めている会社をどう経営しようという発想には繋がっていませんが、「どんな新製品を投入して、こんな風に人員配置をすれば」と想像するようにはなりました。

株式投資を行う上で、その会社の株式を保有することで見えてくる世界はあります。
同じ IRでも、知識として覚えるか or 経験として感じるかは、その会社の株主であるかで全く異なります。

経営者の気持ちを妄想するのは楽しいです




↑こんなことを投資家になって学びました。

何よりも、「収入源が会社からのお給料に限定されていない」ということは終身雇用が当たり前ではない今の時代で、大きな心の支えになっています


nosuke6534はサラリーマンとして頂いたお給料を元に株式投資を始め、現在はほぼ全てをユナイテッドとDACHDの株式に投資しています。 このポートフォリオが成功するか失敗するかの答え合わせはもう間もなくと思っています


成功しても失敗しても「株式投資を始めて良かった」と思っています。
今後まだまだ続くサラリーマン生活(脱サラリーマン生活?)を送っていく上で、 金融リテラシーは常に高め、情報をUPDATEしていこうと思います。


日曜日もありがとうございました 

バブル崩壊後の社会を生きてきたnosuke6534にとって「株はいつか暴落し、財産を失うもの」


同様の考えを持つ個人投資家も多く、個人は高値で買えなかったり、空売りで挑んだりする人も多いのでは と思っています。

過去に一度だけ(日経ベアもありますが)、「株式市場暴落のヘッジ」として、平田機構という銘柄を空売りしたことがあります。


今年5月30日に窓を開けて下落したタイミングで、銘柄研究が足りないまま「これは相場の終わりだ と株価10,500で200株売りで入ってみました。

売りでinした翌日から平田機構は急反発で6月には株価は13000まで上昇 

年初来高値で、青天井で、もうどこまで担がれるか不安で不安で
金利も掛かるしもう毎日が恐怖体験でした

結局、この銘柄も損切りができず、ようやく逃げられたのが8月29日の下落局面。
株価11130で損切りし、-134,709円の損益で命拾い。



平田機構は売りで入った後によくよく調べてみたら、業績も技術も将来性も素晴らしい銘柄

その平田機構は昨日年初高値更新
一時的な下落で売りに入るなど、勝てない勝負に挑んでました




平田機構、ここ2年間で株価10倍以上になっています 
本当に有望な銘柄はガチャガチャ売り買いしない方が良いのかなー。



ここから妄想
↓↓
 
22歳で仕事を始めたサラリーマンでも、汗水(たまに涙)垂らして8年間働き、その間のお給料と株を複利で安全に運用し1000万貯金する。
↓↓

8年の間に相場との付き合い方を学び、どんな銘柄が有望であるかを研究する。
↓↓

「平田機構」のような将来性のある有望銘柄に投資。
2年間ほどは売り買いせずに放置。さらに一生懸命働く。
↓↓

もしも先見の明があり、平田機構のような銘柄発掘ができていれば、32歳で億り人
(失敗したらサラリーマン続投)

あとはサラリーマンを続けるも良し。
好きな仕事に就くも良し。

30超えてくると会社での立ち位置とか業務量とか、だんだんキツくなってくるんですよね、サラリーマンって そんな時に会社だけに依存しなくても良い、経済的な自由を手にいれる可能性があるとすれば、それに賭けてみるのもありかなって思うんですよね



という訳で今までは
↓↓

同一銘柄に1000万も投資するなんて危険なことはできない
これはっ と思って飛び付いた数々の銘柄を塩漬けにしてきた
空売りでは踏み上げられて恐怖体験をした

そんなサラリーマン投資家のnosuke6534は、数々の失敗という経験を基に、投資家史上最大の集中投資をしています


なんせ下記2銘柄に集中投資ですから

ユナイテッドの保有株評価額 約1850万円
DACHD保有株評価額 約1250万円



もしメルカリIPO希望の星、ユナイテッドが現状2倍になれば...
ユナイテッドが2倍になっても億り人にはなれませんが

譲渡益には2割以上の大きな税金も掛かりますし
( 譲渡益2013年までの10%程度が羨ましい・・・   NISAなんて損益通算できないし。120万では少ないし...)


そんな夢をみて、株式市場に追い風の強風が吹く中、メルカリIPO相場に挑戦中
それなりの資産をゲットできれば、資産運用ブログに進化させたいというのが当面の目標となっています 

(もし失敗したら、魂削ってサラリーマンで頑張ります



土曜日もお付き合い頂きありがとうございました。

アベノミクスが始まり、第二のガンホーと言われたユナイテッドのCocoPPa相場を静観して、「株には夢がある」と投資家になったnosuke6534です。

バブル崩壊やリーマンショックを経験した大人達から「株は財産を無くすからやめておけ」と言われて育ってきたので、証券口座を開設した時も、何の株を購入するかも、誰にも相談しませんでした。

証券マンとやりとりすることは煩わしく感じたため、スマホ世代のnosuke6534はネット証券で手数料の安いSBI証券の口座を開設。今でも愛用しています。

nosuke6534の父もサラリーマン投資家でしたが、バブルと大暴落の時代を生きてきた男であり、株の話題になると険しい空気が流れたので、「株=禁句」という空気感の中で育ちました。

アベノミクス以前は、株式を保有していると、どこかで大負け。ほぼ塩漬けの時代だったので、今考えると負けた大人達から「株は危ない、やめておけ」と言われてきたのではないかと思います。


こんなのズルイ
だって株は面白いから


そう、面白い
経済に興味が湧き、政治や政策に関心を持ち、会社を知るキッカケになる。


自分で調べて買った会社の株価が上がり、儲けが出るともっと面白い

そして気づかないうちにハマっている。
日々、株価を気にしたり、株を保有している会社のIRをチェックしたり。含み益が増えては喜んで、含み損が増えては落ち込んで。。

もうこれは精神的に中毒状態です。
この結果、家族との会話が無くなったり、サラリーマン業を疎かにしては絶対いけない



そう思うnosuke6534の現在のポートフォリオはユナイテッドとDACHDに一極集中。暴落のヘッジは一切無し。
損切りも苦手だし、非常に危険です

あー本当にメルカリIPO祭りきてくれないかな…
もし来なかったら、もしくは市場が暴落するようなことがあれば、ほとんどの資産を失います。


確かに「株は危ない」。
そして絶対なんて有り得ない。
いつまでやっても下手くそな投資家だと自覚しています。

だから、しっかり研究して、流れを読んで挑まなければと、ここで気を引き締めておこうと思います


サラリーマンだからできる勝負です。
負けたら、「夢を見させてもらった」位に思いたい。


いや、きっとすごく凹むんだろうな


土曜日もありがとうございました。

↑このページのトップヘ